高校時代、同級生が放課後になると時給が比較的高いということで
コールオペレーターのバイトに勤しんでいたのも懐かしい思い出。

会社指定した場所で業務をこなすイメージが強い職種ですが
なんと!これも在宅で業務可能なのです!

日本狭しと言えど、豪雪地帯、山間部のとうな土地柄では季節によっては通勤することすら難しいこともあります。

都市部の主婦層に加え、
そのような地域の方々からも人気がある職種のようです。

在宅コールオペレータには主に2種類あります。

受信業務、発信業務です。

■受信業務
解りやすい代表例として通販の受注業務が挙げられます。

その他、カスタマーセンター、留守番電話対応等になります。

例えばTV番組で放送される通販コーナーの受付業務。

人気のある番組の場合、

視聴者から注文の電話が殺到することもあります。

朝8:00~夜20:00の間で数十人の在宅オペレーターでシフト制を組んで
業務対応するというものです。

シフト制なので自分の都合の良い時間に働くことができます。

やはり受ける立場の仕事なので

自分のペースで仕事が出来るかといえば

時給に加えて受信件数による賃金が加算される報酬体系もあるようです。

■発信業務
受信業務とは真反対に位置する発信業務。

各種催し物のお報せ、案内、マーケティングの一つである認知度調査、

既存顧客への電話でのフォロー等です。

営業的な要素があります。



>>日本一のメルマガで年収1億円の秘密とは?
E5B79DE5B3B6E5928CE6ADA3E381AEE3808CEFBC91EFBC90EFBC90EFBC90EFBCADEFBCA1EFBCAEE38397E383ADE382B0E383A9E383A0E3808D


仕事量としては自身が発信する能動的な業務となるので、

受信業務と比較して

自分のペースで出来るのではないでしょうか。

自分のペースで業務するからこそ、

報酬も時給が保証されるものではなく

発信数による成果型報酬となる会社が多いようです。

ある一定の経験、実績を挙げることにより

他の在宅オペレーターをまとめる立場になることもあり、

そうすると基本給が発生する会社もあります。

ある会社の収入例
http://tm-marketing.co.jp/original3.html

■まとめ
在宅コールオペレーターは通常の通勤コールオペレーターと比較して
定着率が高いと言われております。

裏を返せば人気の職種といえるでしょう。

某通信大手グループの会社のように

在宅コールオペレーターになるにも

適正試験、面接、有料講習受講とかなりの高いハードルを設けている会社もあります(高いハードルが決して悪いわけではありません)。

http://www.nttcheo.com/personal/staff/

又、自宅の通信インフラに条件を設ける会社もありますので

各会社がどのような条件を設けているのか、

よくよく確認されることをお勧めします。





>>日本一のメルマガで年収1億円の秘密とは?
E5B79DE5B3B6E5928CE6ADA3E381AEE3808CEFBC91EFBC90EFBC90EFBC90EFBCADEFBCA1EFBCAEE38397E383ADE382B0E383A9E383A0E3808D