皆様ご存知の通り、音楽と同じで書籍の電子化ももの凄い勢いで進んでいる昨今。

 

ほんの数年前であれば出版社に何のコネクションもない人間が

本を出版するなんて夢のまた夢でした。

 

ましてや自費出版となれば費用として50~100万円以上かかる上、

その費用を回収できるだけ販売出きるかもわからない、非常にリスクがあるもの

でした。

 

しかし、誰でもリスク無しで出版が可能な時代が到来したのです!

 

2012年10月に米国アマゾンが開始した「キンドル・ダイレクト・パブリッシング

(KDP)」サービスにより出版費用無料で

誰でも出版が可能なりました。

 

当たり前ですが、電子なので在庫リスクも無くなりました。これだけでも革命ですが

更に印税が販売価格の35%~70%と、これまでの紙の書籍の10%程度であることを

考えると、これも革命と言える内容です。

 

革命という言葉はこの為に用意されたのではないかというほど歴史に刻む出来事

ではないかと思います。

 

詳細は下記KDP紹介を確認してみてください!

 

キンドル・ダイレクト・パブリッシング(KDP)

https://kdp.amazon.co.jp/



>>日本一のメルマガで年収1億円の秘密とは?
E5B79DE5B3B6E5928CE6ADA3E381AEE3808CEFBC91EFBC90EFBC90EFBC90EFBCADEFBCA1EFBCAEE38397E383ADE382B0E383A9E383A0E3808D


 

次に日本発の自費出版で稼ぐプラットフォームを紹介します!

 

小説やコミックに特化した投稿サイト「E★エブリスタ」です。

 

これまた出版費用は無料、会員登録すれば最大40ページを一単位、一単位を40

円~120円で自ら値決めでるのです。

 

印税実績ですが、期間限定ではありますが、アマゾンを超える80%に設定された

ときもあったようです。

 

一作品で100万円を販売したユーザーもおり、このユーザーは最大で80万円の収

入を得ていることになります。

 

E★エブリスタ

http://estar.jp/.pc/

 

電子書籍は上記のような数十円という販売価格の実現が可能であり

買う側からすれば、経済的、心理的不安が極限まで下がるので「なんとなく買い」が

しやすいのではないでしょうか。

 

このようなことから電子書籍市場が今後更に伸びることは確実であり

そこに乗っかり収入を得ることを考えてみてはいかがでしょうか。

 

目指せ在宅作家!!





>>日本一のメルマガで年収1億円の秘密とは?
E5B79DE5B3B6E5928CE6ADA3E381AEE3808CEFBC91EFBC90EFBC90EFBC90EFBCADEFBCA1EFBCAEE38397E383ADE382B0E383A9E383A0E3808D