セクハラ☆自動車学校(Ciz) 3話「オイル点検&人間ポール(2) 」ネタバレ・あらすじ・ストーリー

失敗できないS字クランクの恐怖に怯える女性!

失敗すればブルブル震える卑猥な振動が彼女を襲うのだ!

この振動で屈辱が次第に快感へと変わっていく・・・

▼セクハラ自動車学校の無料立ち読み▼

>>PCの方はこちらから

セクハラ☆自動車学校 3話 ネタバレ

今日は運転の技術を見てもらう授業なのだが、快感を連れてくるピンクローターが仕込まれているので運転に集中できないです・・・

頑張って意識を運転に集中するのだが、自分の意識は刺激されるオマンコへといってしまう・・・・

どんどん火照ってくるカラダの自由が奪われていく・・・

リモコンを操作する教官、電子音が鳴り響くと同時に女性の敏感なクリトリスを刺激するのだ。

「ブブブブブブブブブー」

車内に鳴り響くバイブ音、女性はたまらず身体をくねらせて喘ぎ声をもらしてしまう。。。

「うぅぅぅぅ  あっ、、、あん、、、、」

カラダの刺激に意識が朦朧としてアクセルを踏み間違えてしまう・・・

「あっ!」

と思った瞬間に目の前に赤いポールが・・・

「ちゃんと前を見ないとダメだろ!」

教官が運転を操作して事なきをえる

しかし止まないバイブ音、女性は完全に違う世界を彷徨っていた。

「これ以上もう運転なんてできません・・・・」

それでは運転を止めさせない卑劣な教官は、運転を再開することを促すのだった。

振動が強さを増す度に女性の気持ちよさそうな喘ぎ声が車中に響いた

すると次の瞬間に女性が座っている運転席がいきなりふくらんでくるではないか・・・

そしてこの異変がもっと激しい快感を連れて来る事をその時はまだ知らなかった・・・

>>無料立ち読みはこちら

>>PCの方はこちらから

▼セクハラ自動車学校の無料立ち読み▼

>>PCの方はこちらから



▼セクハラ自動車学校の無料立ち読み▼




>>PCの方はこちらから